リスティング広告・WEB広告お役立ち情報

今すぐ始めたい脱リターゲティング広告のためのWEB広告

AppleのSafari、MozillaのFirefoxに加え、Google Chromeでも2022年を目処にトラッキングに用いられるサードパティCookieのサポート廃止が発表されたことで、これまでリターゲティング広告を中心に広告運用を行ってきた多くの企業様が今後の方針に悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。

弊社でもリターゲティング広告の他に何かいいターゲティングはないかとお問合せを頂く機会が増えました。

今回は脱リターゲティング広告に向け悩みを抱えていらっしゃる企業様にご案内する機会の多いターゲティング方法を3つご紹介いたします。広告で訴求するサービスや商材によって向き不向きはありますが、参考になりましたら幸いです。

検索行動からユーザーを捕まえる

検索行動によって広告を出稿するというと多くの方が「検索連動型」の広告をイメージされるのではないでしょうか。

もちろん、検索連動型の広告をまだ導入されていないようでしたら是非ご導入頂ければと思いますが、今回ご紹介させて頂くのは、過去に特定のキーワードを検索したユーザーがWEBを観覧している時にWEBページの広告枠に広告出稿するGoogle ディスプレイ広告の「キーワードターゲティング」とYahoo!ディスプレイ広告の「サーチキーワードターゲティング」です。

検索行動によって広告を出稿するだけであれば検索広告だけでいいではないか、とお考えになる方もいらっしゃるかもしれませんが、検索広告ではどれだけクリック率が高くても10%程かと思います。残り90%のユーザーとは接触が持てず、取り逃してしまっていることになります。また、検索広告のみでは、ユーザーに検索してもらったタイミングでしか広告を表示できず、広告の表示機会は限られてしまうため、ディスプレイ広告を併用頂くことでユーザーの検索を待たずに広告を表示し、アピールすることが可能です。

ユーザーの疑問や相談をターゲティングする

教えて!Gooの質問や相談の観覧履歴から、自社の商材・サービスに関連した質問を観覧しているユーザーに対して広告を配信することも可能です。

教えて!Gooには数々の質問や相談が集中しますので、広告を打ちたい商材に合った質問群を見つけられる可能性が高く、弊社の場合ですと、特にコンプレックス商材やクリニック様などで成果が出ている実績がございます。(広告掲載には審査がございますので、全ての商材に対応できない場合がございます。)

検索広告やSNS広告など、一般的な広告は既に導入しているというお客様は是非一度導入していただきたい広告です。

機械が学習を活用して新たなユーザーを獲得する

広告各媒体は機会によるじどうppleのSafari、MozillaのFirefoxに加え、Google Chromeでも2022年を目処にトラッキングに用いられるサードパティCookieのサポート廃止が発表されたことで、これまでリターゲティング広告を中心に広告運用を行ってきた多くの企業様が今後の方針に悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。

弊社でもリターゲティング広告の他に何かいいターゲティングはないかとお問合せを頂く機会が増えました。

今回は脱リターゲティング広告に向け悩みを抱えていらっしゃる企業様にご案内する機会の多いターゲティング方法を3つご紹介いたします。広告で訴求するサービスや商材によって向き不向きはありますが、参考になりましたら幸いです。

検索行動からユーザーを捕まえる

検索行動によって広告を出稿するというと多くの方が「検索連動型」の広告をイメージされるのではないでしょうか。

もちろん、検索連動型の広告をまだ導入されていないようでしたら是非ご導入頂ければと思いますが、今回ご紹介させて頂くのは、過去に特定のキーワードを検索したユーザーがWEBを観覧している時にWEBページの広告枠に広告出稿するGoogle ディスプレイ広告の「キーワードターゲティング」とYahoo!ディスプレイ広告の「サーチキーワードターゲティング」です。

検索行動によって広告を出稿するだけであれば検索広告だけでいいではないか、とお考えになる方もいらっしゃるかもしれませんが、検索広告ではどれだけクリック率が高くても10%程かと思います。残り90%のユーザーとは接触が持てず、取り逃してしまっていることになります。また、検索広告のみでは、ユーザーに検索してもらったタイミングでしか広告を表示できず、広告の表示機会は限られてしまうため、ディスプレイ広告を併用頂くことでユーザーの検索を待たずに広告を表示し、アピールすることが可能です。

ユーザーの疑問や相談をターゲティングする

教えて!Gooの質問や相談の観覧履歴から、自社の商材・サービスに関連した質問を観覧しているユーザーに対して広告を配信することも可能です。

教えて!Gooには数々の質問や相談が集中しますので、広告を打ちたい商材に合った質問群を見つけられる可能性が高く、弊社の場合ですと、特にコンプレックス商材やクリニック様などで成果が出ている実績がございます。(広告掲載には審査がございますので、全ての商材に対応できない場合がございます。)

検索広告やSNS広告など、一般的な広告は既に導入しているというお客様は是非一度導入していただきたい広告です。

機械が学習を活用して新たなユーザーを獲得する

Google 広告のファインド広告をご存知でしょうか。2020年の4月に全世界での利用が可能となった広告です。

Google DiscoverやYouTube、Gmailに広告が掲載され、コンバージョンに基づいた自動入札で配信されることが特徴となっています。

Googleのログインユーザー情報に基づいて配信が行われるので、細かいシグナルを加味し、ターゲティングが行われるため、より精度の高い広告運用が可能です。

特にGoogle広告アカウント内ですでにCVが多数発生している場合(月100件以上のCVがあるのが理想です)、成果が出やすいというデータもございますので、すでにGoogle広告を運用している方は一度少額からでも開始するとCV数の増加につながる可能性があります。

その他にもオススメの広告は多数!まずは相談窓口をご利用ください

各広告媒体でリターゲティング広告に代わるターゲティングやシステムが今後も開発されていきますので、今配信している広告媒体の最新情報に注意をし、情報が出されるのを待つことも重要ではありますが、新しいターゲティング方法に挑戦することはどのような状況下でも重要なことではないかと考えます。

新規のユーザーにアプローチを続けなければ、CV数はドンドン下がってしまいますので、Cookieの利用制限がある、ないにかかわらず、常にトライアンドエラーを繰り返しながら新規顧客の獲得を目指すことが重要です。

今回ご紹介したターゲティングの他にも商材やサービスによっておすすめの広告手法は異なりますので、是非一度貴社に合った広告手法は何かご相談下さい。現状の配信データを拝見できれば、改善施策等のご提案も可能ですので、以下よりお気軽にお問合せ下さい!

無料相談窓口のご予約・無料診断のご相談はコチラ

今すぐお問合せ下さい!