リスティング広告・WEB広告お役立ち情報

2020年10月23日

アンチトラッキングによる運用型広告への影響

「アンチトラッキング」という言葉を最近耳にした人は多いのではないでしょうか。アンチトラッキングとはCookieをはじめとしたユーザーの追跡機能を防ぐ方法で、最近でもAppleのiOS 14、iPadOS 14から全てのブラウザでその機能が有効になるとの発表があり、改めて注目を集めています。今後追跡(トラッキング)を利用した手法がますます取りにくくなるのですが、具体的にはどのような点に影響が出るのか(出ているのか)、特に知っておきたい2つの影響をご紹介いたします。

アンチトラッキングによってWEB広告に出る影響2つ

リターゲティング広告の精度が落ちる

Google広告、Yahoo!広告をはじめとしたリターゲティング広告でリマーケティング広告が配信できなくなってしまいます。1stパーティCookieを利用したリターゲティング広告の場合でもデータが最大で24時間しか保持されなくなるため、それ以上の追跡が出来なくなります。そのため、リターゲティング広告での予算割り当てが大きい場合や長期検討商材で長期間リターゲティング広告で追跡を行っていたような場合は大きな影響が出る可能性があります。

コンバージョン計測でデータが取れなくなる

コンバージョンの計測にも影響は表れます。各広告媒体でのコンバージョン計測が取れなくなることで最適化機械学習も機能しなくなる可能性があります。

広告媒体各社も対策を急いでいるけれど…

アンチトラッキングに対して、広告各社も対応策を講じています。例えば、CNAMEクローキングと呼ばれる、第三者のドメインへのデータ送付を自社ドメインへのデータ送信のように見せる手法があります。この手法を使えばCookieについて制限がかけられている場合でも制限を受けることなく計測を行うことができます。

しかし、CNAMEを利用したデータの取得に関しても今後有効期限を設定する見通しとなっているため、また新たに対応策が必要とされています。

活用できるデータが限られる中で必要になること

ご紹介したようにアンチトラッキングによってほとんどの広告主が影響を受けるようになります。そうした中で必要になってくるのが、Cookie情報に依存しない広告の配信です。

WEB広告のテクノロジーも進化し続けているため、例えば、リターゲティング広告以外にも反響を獲得できるターゲティング方法は多数あります。今後はそうした広告手法も取り入れながら広告のプランを組み立てていく必要があります。

リターゲティング広告以外に弊社でよく利用されている広告配信の手法には以下のようなものがございます。

Yahoo!サーチターゲティング

Yahoo!の検索機能を利用して、特定のキーワードで検索を行ったユーザーをターゲティングする手法です。検索行動をベースにターゲティングを行うため、すでに検索広告で成果が出ている場合には導入を検討していただくと良い広告です。

教えて!Goo オーディエンスターゲティング

教えて!Gooの質問観覧の履歴から、特定のトピックに関する質問をチェックしたユーザーをターゲティングすることが可能です。お困りごとを解決するような商材には最適な広告となっています。

Facebook広告つながりを利用したターゲティング

Facebook上で友達登録をしているユーザーやその友達のユーザーに対して広告を配信することが可能です。Facebookで友達登録をしている場合、すでにブランドのファンである可能性が高く、高い成果が期待できる広告です。

これからもWEB広告で成果を出し続けていくために

アンチトラッキングによって、今後、WEB広告は大きく変化していくと考えられます。新しいターゲティング広告の導入もその一つです。これまではただリターゲティング広告を配信していれば反響が獲得できた板という広告主様もこれからはそうはいきません。

そうはいっても、様々な広告手法がある中で自社に合ったターゲティング方法を見つけ出すのは難しいことかと思います。

「新しい広告を試してみたいけど、最適な広告がわからない」そんなお困りを持つ方は是非一度無料相談窓口をご利用ください。無料相談窓口では貴社の商材、サービスに合わせた広告のご提案はもちろん、現状の広告状況をお伺いし、改善していくために必要なことが何かを明確にしてまいります。

WEB広告の相談窓口 ご予約はコチラから

誘導バナー:Web広告

今すぐお問合せ下さい!