リスティング広告・WEB広告お役立ち情報

リスティング広告の設定、部分一致に注意!

【リスティング自社内運用者必見】部分一致キーワードを放置すると危ない!

リスティングの運用を何となく行ってしまっている担当者様は多いのではないでしょうか。弊社にご相談にいらっしゃるお客様からは社内にリスティングに広告を相談できる人もおらず何となく配信をつづけ、気が付けば予算が垂れ流しになってしまっていた…といったお話もお伺いします。

今回はそんな「何となく」運用を行っている方に是非確認していただきたいポイントをご紹介いたします。

>リスティング広告運用代行サービスの詳細はコチラ<

「部分一致」のキーワードが放置されていませんか?

リスティング広告ではキーワードを4種類の「マッチタイプ」のどれかに設定する必要があります。その時に設定してしまいがちなのが、「部分一致」ではないでしょうか。意味の幅を理解し、様々な種類のキーワードで広告を表示してくれる非常に便利なマッチタイプですが、実は4種類の中で一番注意が必要なマッチタイプでもあります。

意味に幅を持たせるからこそ無駄クリックが出やすい

例えば部分一致で「英会話 教室」と設定を行うと「英会話 おすすめ」「ビジネス英語 教室」といったキーワードも拾ってくれます。しかし、同時に「中国語 学校」や「ポルトガル語 日常会話」といったキーワードも拾ってしまう可能性があるのです。部分一致の利点はキーワードの意味合いを拡張してくれるという部分ですが、同時に無駄クリックの原因になる諸刃の剣にもなりかねません。

部分一致の使いどころは?

無駄クリックを最小限に抑えるために部分一致は短期的にキーワードの発掘を目的に使用するのがおすすめです。他にも部分一致が活躍してくれる場面はありますが、この使い方が一番簡単で効果的です。

短期的に部分一致でキーワードを発掘し、どのような検索需要があるのかがわかれば、見込みのあるキーワードを追加して、部分一致のキーワードは停止する。長期間、目的なく部分一致を放置するといつまでもキーワードが拡散を続けてしまうので必要がなくなった時点で部分一致のキーワードは停止か、別のマッチタイプに変更することがおすすめです。

部分一致のキーワードを放置してしまっているお客様は大変多くお見受けします。無駄クリックの原因になっている可能性がありますので、是非一度ご確認下さい。

リスティング広告の運用診断セカンドオピニオン実施中!

    1. 今の代理店でなかなか成果が上がらない
    2. 自社内で運用を行なっていて誰にも相談ができない

こうしたことでお悩みの方はぜひ弊社のセカンドオピニオンをご活用ください!貴社の運用状況を有資格の運用者が直接診断、成果を出すために必要な果然方法をお伝えいたします。

>セカンドオピニオンのお申し込みはコチラから<


SEO対策のセカンドオピニオン ホームページ制作 

ブログランキング

 

今すぐお問合せ下さい!