リスティング広告・WEB広告お役立ち情報

どう決める!リスティング広告の予算について

「リスティング広告の予算をどうやって決めればいいかわからない」
「予算を用意したけど、その費用が本当に妥当なのかわからない」
上記のように、リスティング広告の費用や予算についてお悩みではないですか?
広告運用を始める際に、重要なことは数字の目標を明確に立てることです。そのため、今回は適切なリスティング広告の予算について具体例を交えながら解説していきます。

リスティング広告の予算と目標値を設定する

STEP1 自社の売上目標からリスティング広告での売上目標を決める

どの企業様でも、企業の方針や過去の実績など様々な要因を加味し、売上の目標を決められていることでしょう。
リスティング広告は、その売上を達成するための手段です。
そこで、まずリスティング広告でどれだけの売上をあげたいのか、達成する目標を決めることが重要です。
資金に余裕がないという場合には、少額から運用を開始し、軌道に乗ってきたところで、増額するというケースも一つの手です。

STEP2 リスティング広告の売上目標から目標のコンバージョン数を導く

リスティング広告で達成したい目標の売上が定まれば、次に決めるのは、目標のコンバージョン数です。
※コンバージョン数とは、広告をクリックしてサイトに訪れたユーザーが、商品購入や資料請求、お問い合わせなど、成果とみなされる行動をとった数のことです。

目標コンバージョン数を決める際に注意するべきことは、コンバージョンが売り上げに直結するのかどうかという点です。
コンバージョンの目的が問い合わせや資料請求などの反響数を獲得することの場合は、反響数から成約に繋がったかどうかの成約率も考慮して、目標コンバージョン数を決める必要があるからです。

例えば、STEP1で決めたリスティング広告の目標売上が1,000,000円だとします。
そして、1件あたりの成約で得られる売上が50,000円だと仮定すると、売上達成に必要な成約数は、20件です。

仮に、問い合わせから成約に繋がる確率が50%だと仮定すると、リスティング広告で売上を達成するために必要なコンバージョン数は40件と算出することができます。

■売上目標:1,000,000円
■一件あたりの平均売上:50,000円
■売上達成に必要な成約数:20件
■成約率が50%だった場合の目標コンバージョン数:40件

STEP3 目標コンバージョン単価を決める

目標コンバージョン数を定めることができたら、次に広告を配信した際の目標とするコンバージョン単価を決めます。
※コンバージョン単価とは、広告を通じて得られる成果1件あたりにかかった費用のことを指します。
目標とするコンバージョン単価を決めるには、下記の式から求めることができます。

例:平均単価が50,000円のコースを販売しているエステサロンの場合
平均単価 (50,000円) - 経費(10,000円) ー 利益(20,000円) 
= 20,000円(目標とするコンバージョン単価)

STEP4 広告費を計算する

目標コンバージョン数と目標とするコンバージョン単価を決めたら、最後に広告費を算出します。
広告費を算出する式は、下記の通りです。


■エステサロンで1か月に20件の来店を増やしたい場合
目標コンバージョン数:40件
目標CPA:20,000円

広告費(800,000円)=目標コンバージョン数(40件) × 目標コンバージョン単価(20,000円)
上記のように計算をしていただくと、広告費を算出することができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。
リスティング広告は、誰でも簡単に始められることができるため、中小企業様が広告する初めの第一歩には大変おすすめの広告です。しかしながら、簡単に始められるものの改善や施策には時間をかける必要があるため、広告費は最低でも3ヶ月から半年は、用意して始められることをオススメいたします。

また、「最適な予算額が分からない」や「目標値を一緒に考えてほしい」などの声にお答えして、実際に広告配信をした場合のシミュレーションを作成させて頂いております。
お悩みの方は、ぜひS&Eパートナーズにご相談ください。
リスティング広告のお問い合わせはこちら

関連記事
リスティング広告は代理店に依頼する方がメリットが多い!いったいなぜ?
LTVを利用したリスティング広告の目標の立て方

今すぐお問合せ下さい!