リスティング広告・WEB広告お役立ち情報

2020年08月21日

【リスティング広告】動的検索広告(DSA)×SEO対策で相乗効果!

充実したWebサイトや多くの商品を持つ企業に最適な動的検索広告(DSA)ですが、対象のサイトへSEO対策を行うことが必須となります。今回は動的検索広告を紹介しつつ、なぜ動的検索広告(DSA)にSEO対策が必須なのかを解説していきます。動的検索広告(DSA)を導入していない方や、導入しているがSEO対策を行っていなかった方には特におススメの情報ですので、是非ご覧ください。

 

動的検索広告とは

Webサイト自体を登録することで、検索エンジンのクローラーがWebサイトの情報を自動で解析します。ユーザーがWebサイトの情報と関連性の高い検索語句で検索した時に、自動で広告の見出しを作成し検索結果に表示してくれます。また、その際に関連性の高いリンク先URLを自動的に選んで表示してくれる仕組みとなっています。

 

なぜ動的検索広告(DSA)はCVR向上につながるのか

動的検索広告(DSA)はCVR向上やCPAの改善に効果的です。ここでは、その理由を解説していきます。

競合が少なくなる

人間の想像のつかない検索語句にリーチするため、そういった検索語句は競合が少なくなります。そのため、検索結果の画面内に競合が少なくなり、CVRの向上が見込めます。

検索意図とマッチしたページを表示

ユーザーの視点から考えるとわかりやすいのですが、何かの意図があって検索し、その検索結果の中でも自分のニーズを満たせそうなタイトルをクリックします。クリックした後、自分の意図していたものと違う内容と感じた段階で、そのページから離脱するのではないでしょうか。動的検索広告なら、検索語句にマッチしたWebサイトのページを自動的に表示してくれるため、ユーザーのニーズを満たしやすくなります。その結果、離脱率が下がり、CVにつながりやすくなります。

 

WebサイトへのSEO対策がもたらす動的検索広告(DSA)への相乗効果

動的検索広告(DSA)はWebサイトのタイトルタグや見出しタグの文言等も解析します。SEO対策はもちろん、動的検索広告(DSA)も意識した、タイトルタグの設定でより効果的な動的検索広告を表示させていくことができます。
逆に、タイトルタグや見出しタグがサイトの内容とズレた文言になっていた場合は、ユーザーのニーズを満たすことができず、動的検索広告が逆効果になりかねませんので、注意してください。

 

動的検索広告と相性の悪い商品、サイト

➀広告の見出しが自動で作成されるため、ブランディングを強く意識している商品や企業とは相性が良くありません。

➁Webページが少ないサイトだと効果を発揮し辛いため、ページ数が少ないサイトとも相性は良くありません。

➂SEO対策を行っていないサイトの場合、自動で作成される広告の見出しが不自然になったり、正しいニーズを持つ検索語句にリーチできなくなるため、動的検索広告とは相性が悪くなります。

 

動的検索広告(DSA)は既存の検索広告と併用が望ましい

人が予測できない検索語句にもリーチできる動的検索広告(DSA)ですが、割合的には人が予測できるキーワードでの検索の方が多いとも言えます。Googleが新たに発表したアカウント推奨設計であるmugenでも提唱されておりますが、動的検索広告はあくまでも、リーチを拡げるための1つの手段と捉え、既存の検索広告と併用で運用していくべきです。

 

定期的な管理画面のチェックと修正が必要

お宝ワードが見つかった場合、検索広告に反映。明らかに意図と反したクエリを拾っていた場合は除外設定、Webサイトのタグを確認修正するなどの調整は必要不可欠です。

 

さいごに

SEO対策と動的検索広告(DSA)はどちらもやることで相乗効果をもたらします。
S&EパートナーズではSEO対策、サイト制作はもちろん、動的検索広告やその他のWEB広告にも一貫して対応しています。WEB集客に一貫して取り組むことで、集客の最大化をサポートします。来社不要のオンラインミーティングや、お電話でも無料相談を受け付けておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

WEB広告の相談窓口 ご予約はコチラから

 

誘導バナー:Web広告

・関連記事
キーワードプランナーを有効活用してリスティングの効率アップ!
【必見】リマーケティングの効果を高める方法3選

今すぐお問合せ下さい!