リスティング広告・WEB広告お役立ち情報

【未導入者向け】Googleタグマネージャー(GTM)の特徴と導入すべきメリットについて

Googleタグマネージャー(GTM)は2012年にβ版として公開され、2014年に正式版となりました。GTMが登場してから長い時間が流れましたが、今ではWebサイトにタグを埋め込む際には必須レベルとすら言われるほどになりました。弊社でも長年GTMを利用させていただいておりますが、今回はGTM未導入者向けとして、なぜGTMが重要か、導入すべき理由についてお伝えさせていただきます。

Googleタグマネージャー(GTM)の特徴

GTMの特徴は無数のタグを1つのタグで一元管理できるという点です。タグマネージャーを使用しない場合、タグをWebサイトに追加・削除する度に、サイトのHTMLを編集する事になります。しかし、GTMの場合、一度Webサイトにタグを設置すれば、その後はタグの追加や削除をGTMの管理画面から行うことができるようになります。

Googleタグマネージャー導入のメリット

GTM導入は、様々なメリットがございます。今回はその中から特に私が大きいと感じているメリットを3点に絞って、ご紹介させていただきます。

管理画面が見やすく、操作自体が簡単

ページのHTMLを編集する必要がなく、管理画面もわかりやすく、操作自体も非常に簡単な作業となっています。コンバージョンタグ、GoogleAnalyticsのタグ、リマーケティングタグ等のタグを簡単に追加・削除することができます。またYahoo!広告のタグにも対応しています。

公開前にテスト可能

公開前に設定ミスがあるか、プレビューモードで事前に確認することができます。公開前のプレビューモードなら、なんらかのエラーがあった場合すぐに修正することが出来ます。また、事前にテストを行うことでサイトの不具合を防ぎ、エラーによる会社の不利益を防ぐことが可能です。

WEBページの読み込みスピードUP

GTMを使わなかった場合タグを複数設置する事になります。GTMを利用した場合は、GTMのタグを一つ設定するだけとなるので、WEBページの読み込みスピードがUPします。「以前のブログ」でも紹介させていただいたように、ページの表示スピードはWEBサイトでの集客ではますます重要な要素となっています。このWEBページの読み込みスピード向上がGTMを導入すべき最大のメリットであると考えています。

さいごに

いかがだったでしょうか。GTMは非常にメリットが多く、Googleから無料で提供されているツールです。未導入の方は是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。

また、S&Eパートナーズでは、リスティング広告やリマーケティング広告等のWEB広告に関する無料の相談窓口も開設しております。上記で紹介したようなGTMに限らず、様々なWEB広告に関する集客のノウハウを提供させていただきますので、是非、S&Eパートナーズまでご相談下さい!

WEB広告の相談窓口 ご予約はコチラから

関連記事
新規ユーザーを取り込む効果的だがあまり知られていないターゲティング方法3つ
少ない手間で効果の高い広告文作成!広告カスタマイザでパフォーマンスアップ

今すぐお問合せ下さい!