リスティング広告・WEB広告お役立ち情報

キーワードの「マッチ」タイプ

リスティング広告で重要な「キーワード」の「マッチタイプ」について知っておきたいこと

リスティング広告の運用における「キーワード」とは

「キーワード」と聞くと何をイメージしますでしょうか。「検索エンジンの検索窓に入力する単語のこと」とイメージされる方は多くおられるのではないでしょうか。もしくは、「ミステリーなどで手掛かりになる言葉」という方も…もしかしたらいらっしゃるかもしれません。
「キーワード」はそのどちらの意味も持っていますが、リスティング広告運用においては「広告の配信をする単語または語句」という意味になっております。
今回はその「キーワード」について、「ネット広告で重要なキーワード設定について知っておきたいこと」をご紹介いたします。

 

キーワードの設定

リスティング広告の中でも検索連動型広告を配信するためには、キーワードを決定する必要がございます。そのキーワードに対して「マッチタイプ」と呼ばれるキーワードとの一致の程度を設定するのですが、いくつか種類がございます。

    1. 完全一致
    2. 部分一致
    3. フレーズ一致
    4. 絞り込み部分一致

マッチタイプは以上の四つとなり、その設定内容に応じて広告表示の頻度(機会)をコントロールすることが可能です。
広告がクリックされた時に課金される形式であるリスティング広告の場合、適切な設定を行わなければ無駄な費用が発生してしまいます。
「どのようなキーワードにするか」だけではなく、「どのマッチタイプにするか」という設定も広告運用においては非常に重要な要素となってきます。

 

マッチタイプ、そのそれぞれの意味

さきほど紹介した4つの「マッチタイプ」について、それぞれの意味についてご紹介いたします。「どれが一番良い」というものではなく、それぞれに役割や特性がございます。

・完全一致

「完全一致」は「検索された単語や語句と完全に一致するキーワードに対してのみ広告を表示する」ものであり、この「完全に一致」には語順が異なっていても意味が同じ検索語句も含まれます。また接続詞などの検索者の目的に影響しない語句の有無も含まれますが、「大阪から東京」と「東京から大阪」といった意味が変わるものは含まれません。

・部分一致

「部分一致」は「検索された単語や語句がキーワードと部分的に一致する、もしくは検索された単語や語句とキーワードの関連性が高いと判断した場合に広告を表示する」ものであり、マッチタイプの中で一番多くの語句を対象にする設定です。この部分一致で気をつけねばならないのが、検索された単語や語句がキーワードと部分的に一致していなくても、システムがキーワードと関連性が高いと判断した場合にも広告が配信されることがあるという点です。

・フレーズ一致

「フレーズ一致」は「検索された語句の中に、キーワードと完全に一致するフレーズが語順通りに含まれた場合に広告を表示する」ものであり、完全一致よりも比較的広めに設定することができるものです。この設定を言い換えると「キーワード」が「語順通り」という条件のため、「検索された語句とキーワードが完全に一致した場合」も含まれます。

・絞り込み部分一致

「絞り込み部分一致」は「部分一致」の拡張機能であり、「部分一致」より狭いが「フレーズ一致」より広い中間くらいの設定がイメージとしては近いでしょう。前述の「部分一致」で設定したキーワードとは異なり、、送り仮名違いなどの類似パターンも含めて広告を表示することができます。

 

ネット広告の運用でキーワード設定の手間を減らしたい方へ

さきほど紹介いたしましたキーワード設定を読まれた方の中には、「少し難しそうだ、面倒だな…」と思われた方もおられるかもしれません。

そのような方には、運用を外部に委託するネット広告の代理店をオススメいたします。
また、下記3点のメリットを重視される方は是非ともS&Eパートナーズにご相談ください。

    1. 専門知識があるプロが運用する
    2. 日々の細かな管理を任せられる
    3. 専任を雇う人件費がかからない

S&Eパートナーズのネット広告(リスティング広告)の運用プランなら少額からも運用可能なので、「まずは半年試してみたい」といったお客様も大歓迎です。
知識がなく不安な方にもネット広告がどのようなものか、詳しくご説明いたしますので、納得して開始いただけます。

>インターネット広告運用代行サービス詳細はコチラから<

 

いかがでしたでしょうか、ネット広告運用のキーワード設定でお困りの方のお力になれれば幸甚に存じます。
ネット広告でお困りの際は、是非ともS&Eパートナーズ株式会社へご相談ください!

今すぐお問合せ下さい!