リスティング広告・WEB広告お役立ち情報

2019年11月18日
ターゲット方法

新規ユーザーを取り込む効果的だがあまり知られていないターゲティング方法3つ

反響に繋がる効果的な新規ユーザーの取り込みは難しく、検索連動型広告しか導入できていないというお客様も多いのではないでしょうか。検索連動型広告は実際にユーザーがアクションを起こした瞬間を捕まえることが出来る手法であるため、高い効果を実感頂けることが多いです。一方でクリック単価の高騰して、CPAも少しずつ上昇傾向…とお悩みのお客様もいらっしゃるかと思います。

今回は検索連動型広告以外に効果的に新規ユーザーを獲得できる「効果的、でもあまり知られていない」ターゲティング方法をご紹介いたします。

購買意欲の高いユーザーを狙い撃つカスタムインテント

まずご紹介したいのが、Google広告で利用できる「カスタムインテント」と呼ばれるターゲティング手法です。

カスタムインテントでどんなことが出来るかと言うと、特定の商品やサービスに似たものを調べたり購入を検討しているユーザー(購入意欲の高いユーザー)に広告配信を行うことができます。

ユーザーが検索しているであろうキーワードや、チェックしていると思われるWEBサイトを指定することでユーザーをあぶり出し、ターゲティングしてディスプレイ広告を配信することが出来ます。ターゲティングはある程度自由にカスタマイズすることが出来るため、購買意欲の高いユーザー層への訴求がしやすく、広告費用対効果を上げやすいというメリットがあります。

すでにGoogle広告は導入済みというお客様には是非導入頂きたいターゲティング方法です。

抱えているお悩みをターゲティングできる教えGoo!広告

何か問題を抱えている時に情報を探し、教えてGooのような質問サイトを参考にしたという方は多いのではないでしょか。実は教えてGooに掲載さえているどんな質問を見ているかをベースにターゲティングすることができます。

例えば、英語の効率的な学習方法に関する質問を見ているユーザーに対して英会話の広告を配信したり、高校の口コミを見ているユーザーに塾の広告を配信することも可能です。

コンプレックス商材や情報集め長期検討するような商材の場合、成果が出やすいターゲティング広告ですので、是非導入をご検討下さい。

名刺情報を利用し、狙った役職や部署のユーザーをターゲティング

特にBtoB商材を扱う広告主様にオススメなのが名刺管理ツールのEightに登録された情報を利用し、特定の部署や役職者をターゲティングする方法です。

例えば、経理担当者の方を対象としたツールの場合、経理関連部署に所属するメンバーにだけ広告を配信することが出来ます。興味関心で経理や会計をターゲティングしてしまうとどうしても発生する無駄を実際に経理部門に所属するユーザーにのみ広告を配信することでなるべく省くことが可能となり、届けたい方に広告を届けることが出来る可能性が大きく上がります。

他にもあまり知られていないが効果的なターゲティング方法は多数あります

いかがでしたでしょうか。全てのターゲティング方法をご存知の方は意外と少なかったのではないでしょうか。

今回ご紹介したように効果的だが知られていないターゲティング方法はまだまだ存在します。S&Eパートナーズでは無料相談窓口も開設しておりますので、貴社にピッタリのターゲティング方法をご提案することが可能です。

効果的に新規ユーザーを取り込みたいという方は是非一度ご相談下さい。

WEB広告の無料相談窓口はコチラから

誘導バナー:Web広告

今すぐお問合せ下さい!