リスティング広告・WEB広告お役立ち情報

2019年06月22日

1点集中の集客はNG!突然リスティングが使えなくなるリスクと次の一手

お客様から「急にリスティング広告の審査に落ちてしまい広告が使えなくなった」というお問合せを頂くことがあります。最近ではGoogle広告のポリシーの変更で、iPhone修理やパソコンの修理といった、ファーストパーティー以外の企業がテクニカルサポートを提供する広告を配信することが出来なくなり、特にそうしたお問合せが増えました。

ある日突然リスティング広告が使えなくなる?!

効果の高いWEB広告ですが、その反面、今回の様に広告媒体のポリシー変更で広告出稿が急に出来なくなってしまうことがあります。リスティング広告だけに頼った集客を行っていると、ポリシーの変更があった時に対応できず、急にWEBサイトへのアクセスが落ちてしまい、問合せがなくなってしまうということも考えられます。

そうした事態に陥らないためにも広告だけではなく、他のWEB集客手法にもトータルで取り組んでいくことが大切になります。今回は、現在リスティング広告以外のWEB集客に取り組んでいない方に是非取り入れていただきたいWEB集客手法であるSEO対策をご紹介いたします。

WEB集客の第一歩であるSEO対策

特にリスティング広告を利用している方に是非取り入れていただきたいのはSEO対策です。

リスティング広告と同様に検索結果で商品やサービスをアピールすることができるため、実際に行動を起こし始めたユーザーに効果的に訴求することができます。また、ユーザーの中には広告を避ける層も存在するので、そうしたユーザーの取り逃し対策にも最適です。

SEO対策ならリスティング広告のデメリットをカバーできる

リスティング広告とは違い、自然検索結果のクリックには費用は発生しないため、SEO対策では広告費に縛られることなく希望のキーワードからの流入を増やすことが可能です。

その他にも広告出稿している他社競合の影響でクリック単価が高騰してしまったり、ブランディングには不向きであるというリスティング広告のデメリットをカバーすることができるため、SEO対策とリスティング広告は是非セットで取り組んでいただきたい集客法です。

自社サイトのSEO対策、どこから着手すべき?

SEO対策では検索エンジンが発表しているアルゴリズムを読み解き、WEBサイトに対策を施していく必要があります。必要になる対策や対策の優先順位はWEBサイトによってもことなります。さらにしっかりと対策を行なっていても対策を行うキーワードを間違えてしまうと効果を得られないケースもあります。

そのため、SEO対策で必要になるんは集客効果があり、検索順位の上位化を現実的に狙うことができるキーワード選びと今のWEBサイトの弱点を補強する施策が必要になります。

S&Eパートナーズではお客様のWEBサイトの課題と上位化を狙うべきキーワードをご提案させていただく、課題発見窓口を設けております。

WEB集客に関する課題を、SEO対策、リスティング広告、WEBサイトの動線など様々な方向からご相談いただける窓口となっておりますので、これからSEO対策を始めたいという方や、リスティング広告に頼り切った集客から卒業したいという方は是非一度相談窓口をご予約ください。

>課題発見窓口のご予約はこちらから<

見込み客を集める方法は1つに集中させない

今、しっかりと反響が取れている場合でも、今回ご紹介した様に1つの集客手法に頼りきってしまっていると、環境に変化があった時のダメージは非常に大きなものになります。そうしたリスクを分散するためにも様々な集客手法を駆使し、見込み客を集める仕組みを作る必要があります。今、リスティング広告しか取り組んでいないお客様は是非SEO対策など様々な集客方法を取り入れていただき、安定して見込み客を呼び込む仕組みづくりを始めてください。

誘導バナー:Web広告

今すぐお問合せ下さい!