リスティング広告・WEB広告お役立ち情報

ネット広告運用開始に待ったをする女性

ちょっと待った!ネット広告の運用開始前に知っておきたいこと

「ネット広告を始めてみたい」という方へ

突然ですが、「ネット広告を配信するために何を準備すべきか?」と聞かれて答えることはできるでしょうか。なかなか難しい質問であり、「これだ!」とはっきり答えられる方は少ないでしょう。
「インターネットで広告を配信したい」「ネット広告を始めてみたい」という方は「何を準備しないといけないのだろう」という疑問を持たれることが多いのではないでしょうか。今回はそんな「これからネット広告を始める」という方に知っていただきたい「ネット広告開始前に知っておきたいこと」をご紹介いたします。

 

ネット広告運用開始までの流れ

ネット広告を運用(配信)開始し人の目に届くようにするための手続きなど、必要なステップは大きく分けると5つになります。

・広告媒体の選択
・広告媒体への(アカウント開設)申請、手続き
・対象となる層の想定、設定 (ターゲティング)
・予算設定 (日額・月額)
・広告の中身の決定 (広告文や画像)

おおまかに分類をするとこのようになり、細かくするとさらに数多くの手続きがあります。
申請から運用開始までは他の媒体に比べて必要な期間が短く、詳細なターゲティングが可能なネット広告ですが、その分手続きなどは複雑であると言えます。

 

特に重要なものは「ターゲティング」

さきほど紹介した手続きはどれも重要ですが、特に重要なのは「対象となる層の想定、設定」である「ターゲティング」です。ネット広告におけるターゲティングにはどのようなものがあるか、代表的なものを4つご紹介させていただきます。

・地域や年齢、性別に基づくターゲティング

年齢や性別だけでなく、ユーザーの居住地域などの要素をもとにターゲットを設定する方法です。「デモグラフィックターゲティング」と呼ばれ、前述した要素など特定の属性に広告の配信層を限定することが可能です。

・行動に基づくターゲティング

「どのようなサイトを見ているか」というユーザーのインターネット上の行動の履歴に基づき、ターゲットに設定する方法です。「行動ターゲティング」とも呼ばれ、特定の分野に興味や関心を持つ層に広告を配信したい際に有効です。

・検索に基づくターゲティング

ユーザーが検索エンジン(GoogleやYahoo!など)にて調べたワードに基づき、その検索ワードに関連する広告を配信するようにターゲットを設定する方法です。この方法を用いた広告を「検索連動型広告」と呼び、反響獲得率も高いことから最も人気のネット広告の一つです。

・サイトに合わせたターゲティング

「特定のサイトに限定して配信」や「サイトの中身(コンテンツ)に応じて配信」など、ユーザーが訪問するサイトの属性や特性に合わせてターゲットを設定する方法です。これらは「サイトターゲティング」「コンテンツターゲティング」と呼ばれ、サイトに訪問するユーザーの属性に合わせて広告を配信する際に有効です。

 

ネット広告を始める準備の手間を減らしたい方へ

さきほど紹介いたしました事前準備を読まれた方の中には、「少し難しそうだ、面倒だな…」と思われた方もおられるかもしれません。

そのような方には、運用を外部に委託するネット広告の代理店をオススメいたします。
また、下記3点のメリットを重視される方は是非ともS&Eパートナーズにご相談ください。

・専門知識があるプロが運用する
・日々の細かな管理を任せられる
・専任を雇う人件費がかからない

S&Eパートナーズのネット広告(リスティング広告)の運用プランなら少額からも運用可能なので、「まずは半年試してみたい」といったお客様も大歓迎です。
知識がなく不安な方にもネット広告がどのようなものか、詳しくご説明いたしますので、納得して開始いただけます。

>インターネット広告運用代行サービス詳細はコチラから<

 

いかがでしたでしょうか、これからネット広告の運用を始められる方のお力になれれば幸甚に存じます。
ネット広告でお困りの際は、是非ともS&Eパートナーズ株式会社へご相談ください!

今すぐお問合せ下さい!