リスティング広告・WEB広告お役立ち情報

【Yahoo!広告】広告のテキスト領域がついに拡大!クリック率アップにつながる!?

以前から発表されていた、Yahoo!広告「検索広告の拡大テキスト広告機能改善」の実施日が8月19日に決定しました。
今回のアップデートについてはぜひ知っておいてほしい内容のため、簡単にご紹介したいと思います。


検索広告の拡大テキスト広告に「タイトル3」と「説明文2」が追加可能に

現在のYahoo!広告の検索広告で設定できるタイトルは2まで、説明文は1つとなっています。
それが今回のアップデートでGoogle広告同様、任意項目として「タイトル3」と「説明文2」が入稿ができるようになります。
また、説明文1は文字数が従来の80文字から90文字に増加します。タイトルや説明文に入力できる内容が増えることで視認性がアップし、クリック率の向上が期待できます。

参考:検索広告 拡大テキスト広告の機能改善について



アップデート後、広告作成時の注意点

設定できるテキストが増えることにより、今まで以上に視認性が高まるのはありがたいアップデートですが注意点もありますので覚えておきましょう。

「タイトル1」と「タイトル2」、「説明文1」はこれまで通り、広告配信時に必ず表示されますが任意項目である「タイトル3」と「説明文2」は表示されない場合があります。
また「タイトル2」と「タイトル3」は、画面の幅やユーザーの検索状況などの要因によって省略され「...」と表示される場合もあります。

以上を踏まえ、必ず訴求したい文面などは「タイトル1」と「説明文1」に含んで広告を作成するのがよいでしょう。だからといってその他の「タイトル2」や「タイトル3」、「説明文2」を疎かにしても良いというわけではありませんので、実際にユーザーに表示される広告をイメージしながら作成してみましょう!



広告文の変更にはキャンペーンエディターを使用するのがオススメ

まとめると今回のアップデートのメリットは以下です。
・広告で訴求できる内容が増える
・広告の視認性が高まる可能性大

しかし中には『訴求できる内容が増えるのは良いが、すべての広告を変更するのは時間がかかるし大変…』なんて思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな時に活用してほしいのがキャンペーンエディターです。キャンペーンエディターを使用することで簡単に広告をコピーしたり一括で広告文の置換が出来ます。

エディターについては以下の記事でご紹介しておりますので参考にしてみてください。

【知らなきゃ損!】エディターでリスティング入稿の手間を削減


さいごに

今回は8月19日に実施されるYahoo!広告の「検索広告の拡大テキスト広告機能改善」のアップデートについてご紹介させていただきました!
今回のアップデートでYahoo!広告の検索広告のテキスト仕様がGoogle広告と同じになりますので、両方を運用している人にとっては広告文の作成や入稿がさらに効率的に進めていけるかと思います。

忙しくて広告の変更に時間を割けない、これを機にすべての広告を見直したい、もっと直接的に広告のパフォーマンスアップをしたい…など広告運用に関するお悩みがある方はプロである代理店を活用するのもおすすめです。
まずは無料相談で現状分析が出来るので、相談してみて課題点を見つけるだけでも今後の運用が変わると思いますよ。

S&Eパートナーズでも貴社の現状に合わせて、リスティング広告の課題発見をサポートする無料の課題発見窓口を開設しております。集客のノウハウを活かしピッタリのプランをご案内致しますので是非ご相談下さい!

WEB広告の相談窓口 ご予約はコチラから

誘導バナー:Web広告

今すぐお問合せ下さい!